先輩社員紹介

true

営業制作部

斎藤 良光(22歳)

出身:大原簿記公務員専門学校新潟校  法律行政学科 卒年収:非公開

  • これが私の仕事

    公演当日の現場責任者として日々イベント運営に携わっています。

    私が担当しているのは公演の事前準備~当日の運営まで。私の仕事のスタートは、「スモーク申請」を提出すること。実はライブの照明は、キレイに見せるためにスモークを炊くのですが、その申請を消防に出さないと使用ができません。そこから始まり、アルバイトさんへの指示やお弁当の手配など、仕事は多岐に渡ります。
    そこで大事にしているのが「3つのお客様」を大切にすること。3つのお客様とは、1アーティスト、2チケットを買ってくれた人、3お弁当屋さんや当日利用するタクシーの運転手さんなど関係業者の方々。私は当日運営の責任者を担当していますが、私は歌を歌えるわけでもなく、お弁当を作れるわけでもありません。この3つのお客様を大事にしないと公演が成り立たないので、3つのお客様を大切にすることを心がけています。

  • だからこの仕事が好き! 一番うれしかったエピソード

    ライブが始まって、一番初めの曲がはじまる瞬間がたまりません!

    入社して1年ですが、仕事を始めてから初めて知ることがとても多く、刺激の多い毎日です。その中で特に感じているのが、事前準備が大切だということ。イベント当日はハプニングや突然対応しなければいけないことが沢山起こります。事前準備を怠ると、当日のハプニングにすぐに対応することができなくなるからです。失敗してそこから学んだこと、代表や先輩に教えてもらうことが沢山あり勉強の日々ですが、やはり自分が携わったライブの1曲目がはじまる瞬間が大好きですね。その時のお客様の歓声を聴くことが私の仕事のやりがいにつながっています。

  • 私がこの会社を選んだ理由

    ボランティアで参加した音楽イベントが自分の考えを変えました。

    学生の頃はなんとなく公務員を目指していましたが、試験に失敗…。民間の企業にも内定をもらっていたのですが、自分のやりたいことではない気がして、もう一年学生を続けることを決意しました。
    そんな中、たまたま音楽イベントのボランティアに参加することに。最前列で警備を担当していたのですが、ライブをお客さんでなく、運営側としてはじめてみた時に、お客様の歓声を聞いて「これを仕事にしたい!」と強く思いました。今はその夢が叶い、その時に感じた感動を毎回感じることができ、とても充実した日々を送っています。

これまでのキャリア営業制作部(現職・1年目)

先輩からの就職活動アドバイス!

本当に自分のやりたいことは何なのか突き詰めて考えることが大切だと思います。私は「とりあえず公務員」となんとなく考えていましたが、その後1年やりたいことを考え抜いて今の仕事に就くことができました。その一年は決して無駄ではなかったと思っています。

プレエントリー・説明会予約はこちら

プレエントリー

他の先輩社員を見る

連絡先:
(株)キョードー北陸 採用係
〒950-0088
新潟市中央区万代3-1-1 新潟日報メディアシップ1F
TEL:025-240-2633/Fax:025-240-2636
URL http//www.kyodo-hokuriku.co.jp